陰部のにおいケアをしよう【臭いがおさまらなければ】

最適なものは異なる

レディ

薬の選び方のコツ

生理がある多くの女性が生理痛を経験しています。生理痛の重さにはかなり差がありますが、重度のものになると仕事や通学などができず、寝込むほどとなってしまいます。生理痛の緩和にはおなかをあたためるといった方法もありますが、薬を使うのもおすすめです。薬のよいところは即効性があり、効果が高いところです。そのため外せない仕事や授業、試験などがあるときには薬を使うのがおすすめといえます。生理痛の薬は症状や年齢、その人の過ごし方に応じて最適なものが変わります。15歳以下であれば、アセトアミノフェンという成分がメインのものを購入しましょう。15歳以上の場合はイブプロフェンやロキソプロフェンという成分が痛みへの効果が高いので有効ですが、15歳以下の場合は医師の処方箋がないと購入できません。アセトアミノフェンはやや効果としては弱くなりますが、その分副作用の心配がなく安心です。イブプロフェンは多くの生理痛薬に使われている成分で、薬剤師などを通さなくても購入できるという便利さがおすすめのポイントです。ロキソプロフェンも効果が高いですが、こちらは薬剤師がいる時間帯でないと購入できないので注意しましょう。いずれも眠気などの副作用が出ることがあるので、その点は注意しなければなりません。むくみやぼーっとする感じを解消するためにはカフェイン入りのものもおすすめです。ただコーヒーなども飲んでいてカフェインを取りすぎてしまうと胃を荒らすこともあるのでその点も注意する必要があります。

Copyright© 2018 陰部のにおいケアをしよう【臭いがおさまらなければ】 All Rights Reserved.